●東京発ダンスブリッジ・インターナショナルPart1
近藤良平ディレクション

【日程】
2016年
10月1日(土)19:00 10月2日(日)15:00/19:00
【料金】
前売一般3,000円 前売学生2,500円 前売子供1,500円 当日券 前売+500円
ダンスブリッジ全公演共通 4回券 10,000円
※どのディレクションの回でも使えます。5回以上は、4回券の半券を受付提示で2,500円でご覧になれます。


【場所】神楽坂セッションハウス
予約はこちらから
『our house』
出演:近藤良平、清水ゆり、楽器 


近藤コメント:こんどうさんの核心に迫る楽器好きにたまらないピース。
『あいつは、まだ来ない。』
出演:内田涼太、佐久間光太、大塚郁実、安岡あこ、
国枝昌人、小笠原大輔(リーダー) 

近藤コメント:大輔は、同じ大学の出身者であり、僕の授業の助手もやってもらっていた。稀有なリーダーである。誰も真似することのできない一風変わった作品で、お客さんはやられる。
『そこはきみにまかせるよ』
出演:大西彩瑛(リーダー)、尾口伸子、土屋葵、
宮本悠加、寺﨑ゆいこ、甲斐ひろな 

近藤コメント:彼女らは現役日本大学芸術学部の学生の集まり。
僕の周りからは失いかけているクリアーさと美しさがある。あ~輝ける学生たち。
『さよならタイトル』

出演:秘匿中 
近藤コメント:ここは読めなさすぎる作品として本番日まで温める。蓄積と経験が我々をどこかへと連れていく。
地図2015 主催・ご予約・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
03-3266-0461
助成:日本芸術文化振興基金
 

東京発 ダンスブリッジ インターナショナル

ありとあらゆるからだの動きを使って世界を作りだす【コンテンポラリーダンス】。
ここ神楽坂セッションハウスには、日々さまざまなダンスたちが行き交っています。
その中から強く「ダンスをたくさんの人たちに届けたい!」と願っている振付家3名による監修のもと、
こんなダンスどうですか?と4本のダンスの架け橋が、今年もかけられました。
たくさんの人に渡ってみて欲しい、世界へと伸びる【ブリッジ】へいらっしゃいませ!
4種類どの公演にも、出演者の生の声が聞けるトーク会があります!ダンスとあわせ、こちらもぜひご参加下さい。


ダンスブリッジ直前公演
沖至 近藤良平 どんぶらこ2016

伝説のトランペッター沖至と、異才のダンサー近藤良平が神楽坂で遭遇。
音と体で飄々と対話する、秋の一夜。
2016年9月28日(水) 21:45開演
神楽坂SESSION HOUSE B1F
入場料 ¥2,500-(税込)
予約はこちらから

おき いたる(tp)プロフィール
1941年兵庫県生まれ。高校時代にブラスバンドでトランペットを始め、南里文雄に師事。60年代後半よりフリージャズを始め、70年代の「ジャズの10月革命」と言われたムーブメントの一翼を担う。74年にパリに移り住み、ヨーロッパ各地で種々の演奏活動を展開。日本には毎年のように帰国して演奏ツアーを敢行。
こんどうりょうへい(dance)プロフィール
1968年生まれ。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。横浜国立大学在学中にダンスを始める。96年セッションハウスで「コンドルズ」を旗揚げし、国内外で公演活動を展開。NHK教育テレビ「からだであそぼ」をはじめ、ミュージカル、演劇、コンサート、CMなどジャンルを問わず活躍中。03年に舞踊批評家協会新人賞、05年に朝日舞台賞・寺山修司賞を受賞。

その他3回のダンスブリッジ
ダンスブリッジpart2 松本大樹ディレクション
ダンスブリッジpart3  伊藤直子ディレクション
ダンスブリッジpart4  セッションハウスディレクション

無断転用お断り
menu