●東京発 ダンスブリッジ・インターナショナル 
世界とプロジェクト 東京発②

【日程】
12月2日(土)19:00
12月3日(日)14:00

【料金】
前売一般 3,000円 前売学生 2,500円 
前売子供 1,500円 当日券+500円


ダンスブリッジ全公演共通 4回券 10,000円
※どのプロジェクトの回でも使えます。5回以上は、4回券の半券を受付提示で2,500円でご覧になれます。

【場所】神楽坂セッションハウス

【ご予約方法】お電話かメールからお申込または右の予約フォームにて
①ご希望の公演日時 ②人数 ③お名前 ④お電話番号
をお伝え下さい。セッションハウスからの返信をもってご予約完了です。

イープラスからのご予約も受け付けてます。
http://eplus.jp/sys/main.jsp



予約はこちらから
平原慎太郎
『ちのはて』

振付:平原慎太郎
出演:渡辺はるか、町田妙子、佐藤琢哉


「ち」=知、恥、血、地などから連想され
る単語からストーリーを紡ぐ。




平原慎太郎/ OrganWorks
舞踊家、振付家として活動をする平原慎太郎が主宰するダンスカンパニー「OrganWorks」.2014 年よりダンサーが所属しプロとしての身体トレーニング、メソッドを保持しながら活動を行う。現在は9名のダンサー、2名のサブダンサーも所属している。
レパートリーは15作品を数え、シアタートラム、あうるスポット、シアターイースト、KAAT、セッションハウスなどの国内の劇場の他、スペイン、韓国などでも公演を行い、成功を収めている。
Dror Lieberman、塩野入一代
『Take Down』


Dror Lieberman(イスラエル)
独学で多様な訓練をしてきたパフォーマンス・アーティスト2013 年以来、テルアヴィブのClipa Visual Theater Ensemble の一員として活動。その一方フリー・ダンサーとして、Idit Herman, Nir De Volff, Noa Dar, Maya Briner, Sharona Florshaim, Nimrod Fried, Deganit Shemay など多くの振付家の作品に参加。彼は
鍛錬を積んだスケールの大きな動きで独創的なスタイルを生み出し、作品の中で新たな身体言語を創り出
し続けている。テルアヴィブ、サンタンデール、ザグレブ、プラハなど多数のフェスティバルに参加。

塩野入一代(イスラエル)
1984 年東京生まれ。日本女子体育大学卒。4 歳から藤間流日本舞踊を学び、学生時代からダンス作品の研究を始める。2008 年「輝く未来」に所属・2010 年文化庁新進芸術家海外研修及び2012 年ポーラ美術振興財団 在外研修にてイスラエルの「Clipa Theater」に在籍しつつ、さまざまなダンス・プロジェクトに参加、イスラエル国内外で作品制作及び公演活動を行っている。「ダンスブリッジ・インターナショナル」でも2015 年にソロ作品を発表している。
小池陽子・石井則仁
『MOIRA』


言葉だけが影を落とした。
顔をどちらに向け、なにを叫べばいいのか。
私たちは与えられた不器用な指を信じ、
薄っすらとからみあうものに耳を傾け、
それぞれの生を紡ぐ。

石井則仁
舞踏 山海塾に所属。DEVIATE.CO芸術監督。21カ国60 都市以上で公演を行う。現代人の肉体に宿る狂気と普遍性のある美をコンセプトに人間の心理に働きかけ、社会の真理を問う舞台芸術作品を作り続ける。
小池陽子
バレエ団での活動を経て、09 年から振付家としての活動を始める。近年は数々の国際ダンスフェスティバルにダンサー・振付家・講師として招聘され、活動の幅を広げている。

JEONG CHEOL IN
『Flight』(SCF 選出)

出演:JEONG CHEOLIN、RYU JISOO

私とあなたが羽になって
目標に向かって飛び上がる。
そのような私達が
やがて完全な飛行に近づく。


JEONG CHEOL IN(韓国)
ブレシート(Bereishit) ダンスカンパニー正団員
2016 『飛行』で若手振付創作公演にて「最優秀振付家賞」
2016 アメリカ・ジェイコプスフィロウダンス フェスティバルにて「男性ベストダンサー賞」

地図2015 主催・ご予約・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
03-3266-0461
助成:日本芸術文化振興基金
 


無断転用お断り
menu