●セッションハウス ダンサー募集&ダンス作品募集

シアター21フェス参加者募集をはじめ、セッションハウスからのダンサーを募集する企画の情報です。
劇場の舞台に立ちたいと思った方、その気持ちをぶつけて下さい。
セッションハウスはあなたの躍りたい気持ちを全力でサポートします。


シアター21フェス vol.115 振替公演募集情報
シアター21フェス 冬編vol.116 公演募集情報
シアター21フェス Stgp Up vol.70 "冬編" 公演募集情報
Dzoneフェスティバル2019 単独公演募集
ダンス観戦 んまつーポス×Unlock Dancing Plaza おとりずむ 「Bolero」出演者募集
鈴木竜カンパニークラス L.A.B. 募集情報

セッションハウスの場所
セッションハウス設備詳細


シアター21フェス・出演者募集
【シアター21フェスシリーズ】は《春・夏・秋・冬》と季節ごとに開催します。
特徴は
(1)出演はノンセレクト。申込は電話受付順。
(2)セッションハウスのスタッフワークで作品をサポート。
(3)資料として使える「記録映像」を作成(有料)。
21フェスシリーズでダンスを進化!!季節ごとに集まるダンスの中から「もう一度見たいダンス」をセレクトします。その「観客賞」作品を集めてみせるのが『ダンス花』。ステップアップの道をつなぎます。
「21フェスシリーズ」参加に関する注意事項があります。必ず読んで下さい
21フェス要項


シアター21フェス vol.115
振替公演参加者募集



9月30日(日)の21フェス公演が台風によるJRの運行停止により開催が延期となりました。
振替日に参加できないダンサーがいたため参加者の定員に空きが出ましたので、追加の参加者の募集を行ないます。
定員になり次第締切らせていただきますので、お申込希望の方はセッションハウスまでご連絡下さい。

【公演日時】
2018年
12月9 日(日)18:00
〔下見日2018年12/4(火)21:00-〕

【参加条件】
1.公演スケジュールに全日程に参加できる方
【作品時間・公演数】
1作品10分以内 1日1回公演
10分×7作品
【公演までの流れ】

@参加申込日に電話で仮予約
A即日メールで住所など
連絡先・全参加者名・団体名を登録してエントリー確定
B(下見日)全組スタッフと
顔合わせ、作品通し、ミーティング
C(公演日)ゲネプロ、1回公演

【参加費】

1枠・出演者数1〜3人:@\2,000×16枚 
4人目以降 1人増える毎に2枚追加

【シアター21フェス vol.115 振替公演参加者募集中】
お申込が定員になりましたので締切らせていただきます。お申込ありがとうございました。

地図2015 主催・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
TEL:03-3266-0461
FAX:03-3266-0772
 


シアター21フェス 2019年
"冬編" vol.116

【公演日時】
2019年
1月19 日(土)19:00
〔下見日2019年1/15(火)21:00-〕

2019年
1月20日(日)17:00
〔下見日2019年1/16(水)21:00-〕

【参加条件】
1.公演スケジュールに全日程に参加できる方
【作品時間・公演数】
1作品10分以内 1日1回公演
10分×7作品
【公演までの流れ】

@参加申込日に電話で仮予約
A即日メールで住所など
連絡先・全参加者名・団体名を登録してエントリー確定
B(下見日)全組スタッフと
顔合わせ、作品通し、ミーティング
C(公演日)ゲネプロ、1回公演

【参加費】

1枠・出演者数1〜3人:@\2,000×16枚 
4人目以降 1人増える毎に2枚追加

【シアター21フェス 2019年"冬編" vol.116 参加申込日】
定員に達しましたので締切らせていただきます。たくさんのお申込ありがとうございました。

地図2015 主催・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
TEL:03-3266-0461
FAX:03-3266-0772
 
シアター21フェス 2019年
Step Up "冬編"vol.70
【公演日】
2019年2月2日(土)16:00/19:00
〔下見日2019年1/29(火)21:00-〕
〔前日リハ2019年2/1(金)20:00-〕
※公演日程が変更となりました
【参加条件】
1.公演スケジュールに全日程に参加できる方
【作品時間・公演数】
1作品15分以内 1日1回公演
15分×5枠
【公演までの流れ】

@参加申込日に電話で仮予約
A即日メールで住所など
連絡先・全参加者名・団体名を登録してエントリー確定
B(下見日)全組スタッフと
顔合わせ、作品通し、ミーティング
C (前日リハ)稽古、打合せ
D(公演日)ゲネプロ、2回公演

【参加費】

チケット@2,300円×30枚
(2公演分。1枠6人までの場合。
1枠(出演者数〜6人):
チケット@2,300円×30枚
69,000円
7人以上1人増える毎に2枚追加

【シアター21フェス 2019年 Step Up vol.70 参加申込日】

定員に達しましたので締切らせていただきます。たくさんのお申込ありがとうございました。

地図2015 主催・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
TEL:03-3266-0461
FAX:03-3266-0772
 

2019年 単独公演 募集
単独公演をサポートするプログラム
D-zoneフェスティバル2019

セッションハウスは2019年5月から8月に、「Dzoneフェスティバル」を実施致します。
Dzoneは初めて単独公演に挑戦される方も安心して作品に集中できるセッションハウスの単独公演サポートプログラムです。照明、音響、舞台監督、受付等、スタッフワークをセッションハウススタッフが担い、二度目のご参加からはご希望の時期の公演開催も可能です。

様々な価値観が魅力のコンテンポラリーダンスは、理解が難しいとされがちですが、個々の作品から発せられるそれぞれの想いを共に伝えていきたいと私たちは願っています。2018年の8作品も熱意と独創性に満ちた公演となり、多くの観客に喜ばれました。公演ごとに観客動員には差がありましたが、観て頂きたいという強い意志がダンスの強度も上げます。Dzoneは歩合制になっていますので、観客動員により出演料に大きな差が生じます。作品の創造と共に、創客も共通の問題として取り組んでまいりたいと思います。

セッションハウス 企画監修 伊藤直子  スタッフ一同

【公演日】
2019年5月〜8月の土日


公演予定日 

5/18(土),19(日) 5/25(土),26(日)
6/8(土),6/9(日) 6/15(土),16(日)
6/22(土),23(日) 6/29(土),30(日)
7/6(土),7/7(日) 7/20(土),21(日)
7/28(土),29(日) 8/3(土),4(日)

※公演日はお申込締切後に参加者の皆様と調整を行ないます。また、上記以外の日(9月以降)も受け付けておりますのでご希望の方はご相談ください。

公演週のスケジュール

公演週の(火)21:00〜 スタッフ下見
公演週の(金)20:00〜 照明合わせ
(土)・(日) ゲネプロ・公演

【参加条件】
1 シアター21フェスなどセッションハウスのプログラムに参加経験のあるダンサー又はグループが企画に関わっていること。

2  独自の表現を創作発表したい、またそれを多くの人に観てもらいたいダンサー又はグループ。ダンスのジャンルは問いません。

3 セッションハウスを発信拠点のひとつとして活動をしていきたいダンサー又はグループ。


【実地システム】
公演のための費用はチケット収入だけで賄います。ダンサー側は応分のチケットを販売していただき、公演当日の基本費用とします。それを上回るチケット収入を5対5の歩合とし、セッションハウスとダンサー側で配分します。観客動員が反映するシステムですので、各自実施可能なパターンをお選び下さい。
フェスティバル全体をセッションハウス企画室の主催とし、それぞれの公演は参加団体とセッションハウス企画室の共同主催公演とします。
【実施内容】

◆パターンA◆ 1日2回公演
公演日:金曜日仕込 土曜日2回公演
入場料金:2,500円〜3,000円(税込)
基本集客:2,500円の場合108人以上、3,000円の場合90人以上

◆パターンB◆ 2日間3回公演
公演日:金曜日仕込 土曜日1回公演 日曜日2回公演
入場料金:2,500円〜3,000円(税込)
基本集客:2,500円の場合168人以上、3,000円の場合140人以上

※基本集客を参考にA・B希望パターンをお選び下さい。

【サポート内容】

@ 出演料として2万円を各グループにお支払います。
単独チラシの作成等公演制作費としてご自由にご使用下さい。
A 照明、音響、舞台監督、記録映像、受付スタッフはセッションハウススタッフが担当します。会場使用の注意事項はセッションハウス利用規約に準じます。
B 合同チラシ、チケット、当日パンフレットはセッションハウスで作成します。
C 会員ダンサー等へのDM郵送、マスコミ、批評家などダンス関係 者へのご案内及びご招待状を送付します。またHP上での公演情報の掲載、合同チラシのセッションハウス自主公演及び外部への折込等、広報宣伝をします。単独チラシのセッションハウス公演への折込も代行いたします。
D 映像作家による本番(編集済)の記録映像を購入いただけます。
E 1公演につき2枚のチケットを招待券として配布いたします。
F 首都圏以外を拠点としている団体はスタッフ下見の曜日の変更や映像を介しての打ち合わせを代わりに行なうことができます。

【お申込方法】
お申し込み用紙に記入の上、舞台写真を添えてご提出ください。申込多数の場合は書類選考をさせていただきます。
提出方法は持ち込み、郵送、メールのいずれかで行なってください。

締切日:2018年11月30日(金)
D-zoneフェスティバルお申し込み用紙.PDFファイル PDFファイルDzoneお申込用紙
D-zoneフェスティバルお申し込み用紙.WORDファイル WordファイルDzoneお申込用紙
地図2015 主催・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
TEL:03-3266-0461
FAX:03-3266-0772
 

ダンス観戦
んまつーポス×
Unlock Dancing Plaza
おとりずむ 
「Bolero」出演者募集


日程:
2018年
10月17日(水)21:00-23:00 ワークショップ

10月19日(金)20:00-23:00 照明合わせ

10月20日(土)13:00ゲネプロ

公演
10月20日(土)19:00
10月21日(日)13:00/17:00
3回公演

※10月18日のスタッフ下見はご参加いただかなくて大丈夫になりました。


場所

神楽坂セッションハウス 地下スタジオ

料金等:ワークショップ料金 無料
公演のチケットを1公演当たり2枚ずつ受け持っていただきます。
(計6枚)

チケット代 一般 2,500円 高校・大学生 1,500円 
小中学生 1,000円 3歳以上の未就学児 500円

定員:20名程度

お申込方法
@お名前、Aご連絡先(電話番号、メールアドレス)以上の情報をセッションハウスのメールアドレスまでお送り下さい。こちらからの返信をもちましてお申込完了となります。

お申込用 メールアドレス 

mail@session-house.net

お申込締切 ◆ 2018年10月8日(月・祝)

Unlock Dancing Plaza (Hong Kong) プロフィール
2002年に、UNLOCK DANCING PLAZA設立。ユニークなスタイルのダンスカンパニーは、さまざまな分野のアーティストと積極的に協力し、創造を通じて舞台の制約を解放することで、観客にとって新しいコンテンポラリーダンスの体験を創造しています。これまでに、香港、中国、マレーシア、ブリスベン、日本など多数のダンスカンパニーやフェスティバルで作品を発表。また、他団体や他分野のアーティストとも多数コラボレーションを行う。 2014年、芸術監督のOng Yong Lock氏がHong Kong Arts Development Awardsでベスト・アーティスト賞(ダンス)を受賞。また、2009年、2015年、2016年にそれぞれ香港ダンス賞を受賞。2009年から香港芸術発展協会の財政的支援を受ける。
んまつーポス namstrops (Japan)プロフィール

2006 年より、アート空間に体育(からだを育む思想)を展示・上演する試み(現代芸術的体育)を国内外で積極的に実践しているダンスカンパニー。スポーツと芸術の境界域 をそれぞれの先端と捉え、宮崎大学大学院を修了し、今も” 大学の知” とコラボレーションしている。 日本では,北九州芸術劇場,十和田市現代美術館,金沢21世紀美術館,坂本善三美術館、霧島アートの森,六本木アートナイト,いわき芸術文化交流館アリオス,横浜赤レンガ倉庫1号館等で多彩に活動している。海外では,7カ国26都市(エストニア,韓国,中国,マカオ,香港,イギリス,ルーマニア)のフェスティバル等で作品を発表(招聘)。 ダンス教育にも力を入れており、文部科学省や文化庁の派遣芸術家や、いわき芸術文化交流館アリオス主催事業「おでかけアリオス」のアーティストとしてワークショップを多数実践。また、宮崎大学・宮崎県とパートナーシップを組んだ、文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU−Port ニッポン)」パイロット事業に採択(2017)され、んまつーポスの出自である「創作ダンス」を海外に輸出中。 http://odosupo.com/nmatu-posutop.html

地図2015 主催・ご予約・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
03-3266-0461


 

UDCアフターズ
『あの箱へ再び!』
出演者&出演団体募集


全国大学生ダンサーが集まり自主運営するUDC公演も17年目を数えました。センパイからコウハイへと引き継ぎながら“競わない“を共通認識として継続してきたUDCは卒業後も深い縁を結び合ってきました。これを土台にした新しい発展を願い、「ダンス」という共通の好きを形にしたいと考えました。UDC卒は、教育の現場で子供たちにダンスを伝える教師が多いのも特徴です。そして日本のコンテンポラリーダンスシーンにおいて、プロとして注目を浴びるダンサーたちを多く輩出しているのも特徴です。

そこでA「教師チーム」B「ダンサーチーム」の2公演を12月に開催致します。其々のチームの代表をセッションハウス側で決めさせていただきました。UDCと同じ自主性を持って今後の活動を進めていきたいと思い、「UDCアフターズ」という名前は、同じく大学ダンスの仲間と新鮮なダンス活動を継続し、新しいダンスを世界に魅せたコンドルズの近藤良平さんがつけてくれたものです。ここから始まる二つのダンスが生み出す未来が、社会の希望になるよう共に創っていきたいと願っています。

セッションハウス 伊藤直子
          スタッフ一同

A 「教師チーム」

〜踊り続ける先生とダンサー〜
ダンス×教育 Dance in education

今回のUDCアフターズでは、UDC卒業後、教育の場で活躍する先生方の作品を募集します!
UDCは全国の大学生の若い力を爆発させる場所。
私たちも昔は教育を受ける側にいて、その中でダンスを学んできました。そして、これまで獲得してきた身体知を携えて教わる側から教える側になり、今は自分の知っている身体言語を使って後世を担う人材を育成しています。

しかし、現場においては、ダンスの知識を持つ人が少なく自分ではこれでいい!と思っていても、実践を繰り返していると「本当にこれでいいのか?」と不安になることもあります。そこで、UDCの特徴である「競い合うのではなく大学間をまたいで表現を見合い、一緒に作品を創ることで、各学校で行われている創作方法やダンスに対する考えを共有する。そしてまた、自分の学校に戻りアップデートした自分たちの身体を使ってダンスを生み出す」ということを教育の場に活用できないかと考えました。今回の公演で、UDC卒業生が自分のダンス作品や授業(指導方法)を持ち寄り、昔のようにセッションハウスで表現しあい、一緒に公演を創り上げる中で意見を交わし、再び自分のフィールドに帰って更に充実した内容を実践する。

もし、これができるのであれば、この20年間で大学のダンスシーンに変化があったように、教育におけるダンスシーンにおいても何か変化が起こるのではないかと考えます。

募集する作品はどのような形でも構いません。
まずは、先生が踊る心を忘れては生徒にも伝えられないので、先生自身が踊るも良し!指導しているダンス部や授業の生徒を連れて踊らせるも良し!卒業生や自分の生徒と一緒に踊るも良し!UDCアフダーズの方が関わっていればどのような形でも結構です。

仕事もあるから新作はちょっと…という方でも、自分のダンスの指導法を提案するだけでも良いですし、授業で取り組んだものなど授業の延長で考えていただいても構いません。とにかく、次の時代に向けて、教育の未来を!ダンスの未来を!明るくするために、何か始めたいのです。

UDC卒業生ならではのダンス×教育の意義を一緒に模索して、新しいムーブメントを巻き起こしませんか?
皆さまのご応募をお待ちしております!!

教育チーム代表 福岡小百合・伊藤史織

B 「ダンサーチーム」
〜卒業しても踊り続けるダンサーズ〜

今回のUDCアフターズでは、UDCを卒業して今なお振付家、ダンサーとして活動している方の作品を募集します。
再びセッションハウスに集まりましょう!

17回目の公演を経て、総勢1044人が卒業していったUDC!!
過去のパンフレットを見返すと、現在、国内外で活躍しているダンサーの名前が多く見られます。

コンクールや公演への出演だけでなく、社会貢献もダンサーの役割となってきています。
コンテンポラリーダンス普及の一端として一般に向けてワークショップを行ったり、コミュニケーション力向上や表現力向上の観点などから、教育機関へワークショップを行ったりしている者もいます。

UDCを卒業してから、こういった様々な場所で自分を磨いた現役ダンサーの皆さん、その技術や表現を持ち寄って、神楽坂セッションハウスで作品発表しませんか。何か新しいことが起こるかもしれません!世代を超えた、各作品を再びセッションハウスで踊りましょう!グループ作品、デュオ作品、個人参加も大歓迎です!!

現役ダンサーズチーム代表 黒須育海

お申込方法
@お名前、A参加したUDCの年度、B参加希望のチーム、
Cご連絡先(電話番号、メールアドレス)以上の情報をセッションハウスのメールアドレスまでお送り下さい。


お申込用 メールアドレス mail@session-house.net


その他、テクニカルスタッフ、制作スタッフ等として公演にご協力いただける方も、ご連絡下さい。

お申込締切日
8月12日(日) 
黒須育海主宰「ブッシュマン」新作公演『よいのみつ』最終日 


公演スケジュール
 
※日程の変更を行い、Aの教師チーム、Bのダンサーチーム合同による3回公演となりました

2018年12月22日(土)仕込み、Aチーム及びBチームの照明合わせ
2018年12月23日(日)ゲネプロ 本番@18:00
2018年12月24日(月祭) 本番A13:00 本番B17:00

地図2015 会場・お申込・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
03-3266-0461



鈴木竜 L.A.B.(Laboratory of Artistic Basis)
2018年度 参加者募集

鈴木竜
神楽坂セッションハウスでは、2018年4月より鈴木竜を芸術監督とするジュニア・カンパニー、L.A.B.(Laboratory of Artistic Basis)の2期目を開講いたします。若手ダンサーたちが腰を据えて自分の身体性を追求するための研究所(LAB=ラボ)として、それぞれが舞台芸術に関わるアーティストとしての基礎=Artistic Basisを構築するための場所・時間・機会を提供することを目的とします。

内容:鈴木竜によるコンテンポラリーダンスのテクニッククラスをベースとし、他講師による異ジャンルのダンスや振付・演劇・座学などのワークショップを行います。その成果は2019年1月のL.A.B.の単独公演(鈴木竜・小尻健太・来年度メンバーの中から選出の3振付家によるトリプルビル公演)で発表します。また、各自のスタイルを探求しアーティストとしての自我を育てるために各自のソロ作品(5分〜10分程度)を創作し、9月にセッションハウスにてワークインプログレス公演を行います。※9月15日予定
特別講師:小尻健太、大手可奈、平山素子、堀田千晶、柿崎麻莉子、+α※特別講師は変更が出る場合があります

活動期間: 2018年4月〜2019年1月の
毎週水曜日11:05〜12:55

2018年 4月4日(水)より開始

料金: 月謝制/月々 10.800円
ワークインプログレス/チケットノルマ有
単独公演/チケットノルマなし

参加対象
2018年4月1日時点で18歳〜30歳までの男女。

場所

神楽坂セッションハウス 地下スタジオ



お申込方法

お申込締切日になりましたので締切らせていただきます。


鈴木竜 プロフィール
英国ランベール・スクール卒。これまでにランベール・ダンス・カンパニー、フェニックス・ダンス・シアター、アクラム・カーン、シディ・ラルビ・シェルカウイ、フィリップ・デュクフレ、インバル・ピント/アブシャロム・ポラック、トリスタン・シャープス、平山素子、近藤良平、小尻健太、キミホ・ハルバート、夏木マリなどの作品に参加。振付家としては第3回セッションベスト賞を受賞したほか、横浜ダンスコレクション2017コンペティションTでは「若手振付家のための在日フランス大使館賞」・「MASDANZA賞」・「シビウ国際演劇祭賞」をトリプル受賞。
地図2015 主催・お問合せ
セッションハウス企画室
〒162-0805
東京都新宿区矢来町158
東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩1分
mail@session-house.net
03-3266-0461



無断転用お断り
menu